Main Menu
Sub Menu
 
賃貸管理は経営の要
新しく不動産賃貸業へ進出する人や、遺産を相続して不動産賃貸経営をすることになったという人がたくさん増えています。 これも時代の流れではありますが、相続問題などは必ず起こることです。 事前に専門家に相談しておくようにしましょう。 さて、不動産賃貸業を営む上で大切なことがあります。

それは賃貸管理をどうするのか、です。 賃貸管理というと、主に入居者を募集したり、入居者から家賃を集金し、リフォームや退去時の手続きなどを行うことです。 これらの賃貸管理を自分で行う人もいます。 こうした人は、不動産賃貸業と賃貸管理業を両方行っている人だといえます。

しかし、こうした賃貸管理についてはノウハウが必要です。 さらに物件を増やそうと考えている人なら、物件数や部屋数が増えてくるに従って、賃貸管理が大変になってきます。 そこで、賃貸管理を専門業者に任せて、本業の不動産賃貸経営に集中するようにしましょう。 つまり、賃貸管理の時間を節約するということです。 代わりに、物件の選定や物件の購入などに力を入れ、トータルで経営を行っていくようにしましょう。 賃貸管理は守りの部分です。

こちらはしっかりと管理体制の整った賃貸管理業者に任せるようにすれば問題ありません。 こうしてゆくゆくは、数多くのマンションやビルを持つようになります。 大家にとって手間のかかる賃貸管理は、他の人に任せたほうがいいということになります。 攻めと守りのバランスの取れた経営を行うようにしてください。
賃貸管理の仕事
引き継いだ物件の管理にはとても手間がかかります。 さらに大家としての仕事もたくさんあります。 その中で最も面倒な部分である賃貸管理は、さまざまな仕事があります。 マンション管理士といった資格もあるくらいですから、その仕事は専門家で・・・
詳細はこちら
賃貸管理任せるメリット
賃貸管理を大家自身でしないで、他の会社や信頼できる人に任せる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?賃貸管理は大家の立場の低下からとても難しいものになっています。 昔の日本では大家というと、親のような立場でしたので、その力関係も強かったようです。 ところが、現在は入居者はお客様で・・・
詳細はこちら
賃貸管理で時間が空いたら
賃貸管理は、今持っている物件の資産価値を維持するようなものです。 物件には多くの人が住んでいます。 どの人も快適に暮らしたいと思うのは当然です。 そして、サービスについては、よりよいものを求める・・・
詳細はこちら


Copyright ©2014 大家のための賃貸管理 All Rights Reserved